技術・製品・工法 Product

新和装(しんわそう)

新和装は、敷き均して水をかける、施工の容易な土舗装材です。

新和装は、良質な砕砂と粘土を基材に粒度調整・キルン乾燥し、固化材・混和剤を混合しています。仕上がりは充分な圧縮強度に加え、土としての自然な透水性・保水性を備えています

敷き均して、水をかければ固まる簡単舗装材

20kg/袋

用途

  • 景観舗装として
    遊歩道・公園・広場・霊園・墓地の歩道・神社・寺院の参道など
  • 防草舗装として
    植樹帯・中央分離帯・遊休地・霊園・墓地の墓石まわりなどに生えている雑草等の処理
  • 防塵舗装として
    中央分離帯・造成地・遊休地など

特長

  • 良質な砕砂と粘土が主原料なので、安全・安心です。
  • 水たまりが出来にくく、歩きやすいです。
  • 夏場はアスファルトやコンクリートに比べて表面温度が低く快適です。
  • 練り混ぜや転圧の機械が不要なので、簡単に施工出来ます。

『まさ土 』と『 新和装 』の違いとは!?

一般にまさ土(真砂土)とは花崗岩の風化した土壌のことで、関西以西の山を中心に広く分布しています。花崗岩は構成している鉱物結晶の熱膨張率が異なるため、温度変化により非常にもろく崩れやすいものです。つまり、まさ土を骨材とした土舗装は骨材強度が低く、劣化・風化による舗装体の機能低下が早くなります。
新和装では、このような弱点を克服するべく、まさ土とは異なる強度の高い石灰岩を粉砕し、粒度分布のよい『良質なまさ土』に調整、さらにキルンで焼成したものを骨材としています。そのため雑草の種等の不純物が少なく、品質の高い土舗装材となるのです。

色調

左半分が乾いた状態、右半分が湿った状態です。印刷の都合上、実物とは色が異なる場合があります。
また、砕砂を原料にしておりますので、出荷ごとに色調・風合いに若干の差が生じる場合があります。

表面仕上げの例

模様をつけることも可能です。

施工方法

  1. 敷き均し材料を袋から取り出し、コテなどで平坦に敷き均します。
  2. 散水噴霧器・ジョウロなどで散水し、表面を均一に濡らします。
  3. 表面が乾燥しないよう散水を繰り返し、全体を湿潤させます。
  4. 散水の目安は、気候によりますが、1袋あたり2~4L程度です。
  5. 養生丸一日は雨がかからないようにします。1~2日程度で固化状況を確認してご使用願います。

使用量の目安

標準 t=3cm 50kg/m²(2.5袋)
載荷重の
大きい場合等
t=5cm 84kg/m²(4.2袋)