技術・製品・工法 Product

延長床版システムプレキャスト工法NETIS登録番号 KT-090058-A

延長床版システムプレキャスト工法

延長床版システムプレキャスト工法は、伸縮装置を橋体から盛土部へ移設し、通行車両からの衝撃を緩和することができる工法です。また、底版部および延長床版部には、プレキャスト版を採用しており、大幅な工期短縮、作業の簡略化を可能にしています。

効果

  • 騒音・振動等を大幅低減
  • 橋に対する衝撃の低減
  • 漏水による支承の劣化防止
  • 従来の踏掛版と同等の効果
  • スムーズな走行性、快適な乗り心地
  • メンテ作業が簡便

現状、橋梁部と土工部との境には、伸縮継手(フィンガージョイント等)が設置されています。この箇所の前後で段差が生じることで、車両通行時の騒音・振動並びに橋体の振動が発生してしまいます。延長床版システムプレキャストを使用し、遊間部の伸縮継手を土工部に移すことで、騒音・振動を抑えることができます。

延長床版システムプレキャスト工法の特徴

  1. 工場で製作した鉄筋コンクリート版を現地に搬入する工法。
  2. 版同士を着脱可能な特殊継手で堅結するため、設置・撒去が簡単。
  3. 特殊継手による堅結工法のため、PC工法と同等以上の強度を有する。
  4. 着脱可能な特殊継手のため、車線規制での施工が可能。
  5. 高さ調整機能があるため、ミリ単位の調整ができて沈下対策も可能。
  6. 平滑に仕上がった版面同士が滑面のため、安定したスベリ面を確保。
  7. 工場製作のため、高精度で品質が安定。
  8. 現場打ちに比べて大幅な工期短縮が可能

※ NEXCO3社、(株)ガイアート、ジオスター(株)との共同特許です。

延長床版システムプレキャスト工法の施工状況