技術・製品・工法 Product

スリップフォーム工法

スリップフォーム工法は、型枠を必要としないため施工の合理化および省力化を推進し、施工能力を一段とアップさせる工法です。コンクリートの供給・敷均し・締固め・成形・表面仕上げなどの機能を搭載した自走式機械(コマンダーⅢ)を用いてコンクリート版を連続打設します。

用途

  • 新幹線の路盤
  • 空港の滑走路・エプロン舗装
  • 一般道路・高速道路のコンクリート舗装
  • トンネル内コンクリート舗装
  • コンクリート構造物

特徴

特殊モールドでの対応により、各種施工現場への型枠を設置しないので、舗設作業が連続的に行え施工の合理化・省力化・迅速化が図れます。

施工手順

  • 準備工
    (センサーライン)
  • 敷均し
    (横取り・敷均し)
  • 締固め・成形・仕上げ
    (スリップフォームペーパ)
  • 粗面仕上げ
    養生材散布
  • 養生
    目地注入

トンネル内コンクリート舗装
(中部環状自動車道)

空港コンクリート舗装
(中部国際空港)