技術・製品・工法 Product

転圧コンクリート舗装(RCCP)

超硬練りコンクリートをアスファルト舗装と同じように、高締固め型スクリードを持つアスファルトフィニシャで敷き均し、振動ローラ、タイヤローラにより締固めて仕上げる大変施工性の良いコンクリート舗装です。

用途

主要県道益田阿武線
単独舗装新設工事

  • 一般道路
  • 構内道路
  • 貯木場
  • トンネル内舗装

特徴

  • 施工機械の組み合わせが容易
  • 施工速度が早い
  • 目地間隔が大きい
  • 早期に交通開放が出来る
  • 版厚を自由に変えられる

施工手順

(1) RCCは生コン工場で製造します

(2) 路盤は均一に締め固め、表面を湿潤状態に保ちます。型枠をしっかりと路盤に固定します。

(3) RCCはダンプトラックからフィニッシャのホッパにおろします。

(4) 敷均しには高締固め型アスファルトフィニッシャーを用います。

(5) 転圧には振動ローラ、タイヤローラ、コンバインドローラなどを用います。

(6) 養生には従来の湿潤マットを使用します。特殊アスファルト乳剤、特殊セメントミルク等の表面処理を施工することもあります。

(7) 通常は翌日、収縮目地の位置をカッタで切ります。

(8) 完成したRCCPの路面です。